愛媛の真鯛が美味しい秘密豊穣の海が、真鯛を育む

養殖に適したリアス式海岸が広がる宇和海。太平洋から黒潮が流れ込むためミネラルや栄養が豊富なこの漁場で、愛媛の真鯛は養殖されています。また夏はあたたかく、冬は冷たい黒潮によって浄化された海は、魚にとって恵まれた環境です。

愛媛の真鯛のイメージ
安全基準のロゴ

安心・安全、愛媛の鯛

美味しい愛媛の養殖鯛を消費者に届けるため、愛媛県では飼育から運送に至るまでの厳しい安心・安全基準を設定しています。 姿や形、色、安全性、肉質検査、残留薬検査、トレーサビリティなどの厳しい基準値をクリアした鯛のみが、愛媛の鯛を名乗ることができるのです。

養殖真鯛の生産量は日本一

愛媛の県魚でもあり、県民にとって身近な魚である鯛。瀬戸内海で水揚げされる天然真鯛に加え、宇和海の豊かな漁場では、長年培ってきた技術と経験により高品質の真鯛を養殖。その生産量は日本一を誇ります。

愛媛の地図イラスト

天然鯛に勝るとも劣らぬ美味しさ鯛の味

恵まれた養殖環境で丁寧に育てられた真鯛。そのプリプリとした歯ごたえや特有の香り、旨みは天然物にも劣りません。鯛の身にはグルタミン酸や必須アミノ酸のバランスが取れた良質のたんぱく質が多く含まれており、健康的な食材としても知られています。

餌、〆方、輸送方法生産者のこだわりが旨さの決め手

優れた養殖技術をもつ生産者が、稚魚から出荷まで、徹底した育成環境のもとで生産。栄養豊富な餌や鮮度を保つ加工技術、そして輸送環境まで全てにこだわり、鮮度、色彩、美味しさの三拍子揃った真鯛を食卓へお届けしています。

鯛レシピタイトル

宇和島鯛めし(2人前)

宇和島鯛めしのイメージ画像

材料

  • 卵黄 2個分
  • 鯛(刺身用) 200g
  • ご飯 適量
  • 大葉 2枚
  • 刻み海苔 適量
  • ゴマ(白) 少々

【調味料A】

  • 酒 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • カツオ出汁 50ml
  • 醤油 大さじ2
  • 【調味料A】を鍋に入れて混ぜ合わせ、中火にかけてひと煮立ちさせたら、冷ましておく。
  • 冷めた①に、卵黄と鯛を加えて混ぜ合わせる。
  • 茶碗にご飯を盛って大葉をしき、③の鯛をのせ、タレも回し掛け、きざみのりとゴマを散らす。

鯛の酒蒸し(2人前)

鯛の酒蒸しのイメージ画像

材料

  • タイ (切身) 2切れ
  • 塩 小さじ1
  • 白髪ねぎ 少々
  • 昆布(5cm) 2枚

【調味料A】

  • 水 50ml
  • 酒 50ml
  • 薄口しょうゆ 小さじ1/2
  • 鯛に塩をふり、10分程度置きます。
  • フライパンに昆布を敷き、その上に水気を拭き取った鯛を乗せ、調味料Aを加えて5分置く。
  • 蓋をして、強火でひと煮立ちさせ、弱火にして8分加熱したらお皿に盛り付ける。
  • 白髪ねぎをトッピングして完成。

鯛のソテーカレー風味(2人前)

鯛のソテーカレー風味のイメージ画像

材料

  • 鯛(切り身) 2切れ
  • 小麦粉 大さじ3杯
  • カレー粉 大さじ2杯
  • パセリ 適量

【調味料】

  • 塩、こしょう 少々
  • オリーブオイル 適量
  • 鯛は、塩こしょうを振っておく。
  • 小麦粉、カレー粉、パセリのみじん切りを合わせ①にまぶす。
  • 熱したオリーブオイルで両面を焼いて完成。