美味しい秘密恵まれた漁場で愛情たっぷりに育成

リアス式海岸が広がる宇和海は、絶え間なく潮の流れが変化する、ブリの養殖に適した漁場でもあります。潮に揉まれたブリは、運動量が豊富なため、尾の付け根までしっかりと引き締まった身が特長。シンプルに刺身やしゃぶしゃぶで味わえば、とろける旨みがより際立ちます。

愛媛の鰤のイメージ
安全基準のロゴ

安心・安全、愛媛の鰤

近年注目されているエクストルーディットペレット(EP)を主体とした飼料や育成環境などに徹底してこだわり、養殖HACCPに対応した厳しい管理体制のもとで安心・安全なブリを育成。出荷まで一貫体制で鮮度を維持しています。

全国トップクラスの養殖生産量

成長に従いモジャコ→ヤズ→ハマチ→ブリと呼び名が変わる出世魚のブリは、昔から縁起のいい魚としてお正月に欠かせない食材。愛媛県南予地方の宇和海沿岸部では、恵まれた漁場で稚魚、飼料、出荷まで徹底した管理のもと、高品質で肉質の安定したブリを養殖しており、全国第2位の生産量を誇ります。

愛媛の地図イラスト

旬を迎える冬、脂のりと栄養が最高の状態に

脂がのった冬のブリの美味しさは言わずもがなですが、特筆すべきは高い栄養価。良質なタンパク質や抗酸化作用のあるビタミンEや疲労回復効果のあるビタミンBなどが含まれており、脂質の部分には不飽和脂肪酸を豊富に含むので、血液をサラサラにする働きも期待されています。

最もおいしい時期、鮮度を徹底し直送

一年で最もブリが美味しくなる旬の時期(11月~翌年4月頃)に出荷を絞り、高品質なブリを活き締めにより新鮮な状態で直送しています。また魚体での出荷だけでなく、鮮度を保ったままのスピーディーな処理によるフィーレや切り身など、消費者のニーズに対応した多様な加工形態での出荷を実現。

鰤レシピタイトル

ブリしゃぶ(2人前)

ブリしゃぶのイメージ画像

材料

  • ブリ (刺身用・柵) 200g
  • 白菜、長ねぎ、しめじ等の鍋野菜
  • スープ(水800ml、白だし100ml、しょうゆ大さじ2、料理酒大さじ2)
  • お好みのつけダレ(ポン酢等)
  • 白菜などは食べやすいサイズに切り、長ねぎは薄い斜め切りにします。しめじは石づきを切り落としほぐしておく。
  • ブリは0.7cm幅の削ぎ切りにします。
  • 鍋にスープの材料を入れ中火でひと煮立ちしたら、①を入れます。②をくぐらせてお好みのつけダレに付けて完成です。

ブリの西京焼き(2人前)

ブリの西京焼きのイメージ画像

材料

  • ブリ 2切れ
  • 塩 小さじ1/3
  • 合わせ味噌(白みそ30g、みりん大さじ1、日本酒小さじ1、砂糖小さじ1)
  • はじかみ生姜
  • ブリに塩を満遍なく振り、15分程置いて臭みを抜く
  • 合わせ味噌を全て合わせる。
  • ラップを広げ②を半量塗り、①をのせてから、上から残りの②を塗る。
  • ラップで包み、冷蔵庫で一晩漬け込みます。
  • 寝かせたブリから合わせ味噌をふき取り、中火のグリルでブリを焼きます。(市販の切り身で7分程度)
  • はじかみを盛り付けたお皿に、焼いたブリをのせて完成です。

炙りぶり(2人前)

炙りぶりのイメージ画像

材料

  • ブリ (刺身用) 200g
  • ねぎ1本
  • 玉ねぎ1/2玉
  • ポン酢大さじ2
  • 生姜すりおろし少々
  • にんにくすりおろし少々
  • ねぎは小口切り、玉ねぎは薄くスライスし水にさらし、水気を切っておく。
  • ブリを刺身用に1cm程度にスライスする。
  • 耐熱皿に玉ねぎスライスをのせ、その上に切ったブリを盛り付ける。
  • ③のブリをバーナーで炙る。パチパチという音がして、表面に美味しそうな焦げ目がついたらねぎをのせてポン酢を掛ける。